今時副業として投資をしている人は珍しくありません。すぐにでも投資を始められる方法を紹介します。

更新履歴
グラフ

最近ではFXや株のデイトレードに手を出す人が増えています。
一般的に午前9時から午後5時、残業があれば前後1時間から2時間拘束されることもあるサラリーマンにとって、24時間取引が行われているFXや、午前中と午後、昼休みには取引ができない株、ましてデイトレードとなると負担がありすぎて、スキマ時間に手を出せるほどの気軽さもありません。

サラリーマンでも気軽にできる投資があればそれに越したことはないのですが、おすすめするのが毎月の積立です。
毎月数万円残るとして、残った分を積み立てに回すことで気付いたらまとまったお金になっていたということがあります。
毎月1万円から積立のできる金融商品があり、10年20年とやっていくうちに利率や積立の投資額で変動するものの、5年もしくは10年で数百万円変わり、20年30年には1000万円単位で違う場合もあります。
投資といってもまとまったお金をつぎ込むことだけが投資ではありません。
毎月お金を積み立てていき、それを投資として運用してもらうのも立派な投資なのです。
そして、若いうちからこうした投資を行うことで結婚、出産、子育て、老後などに大事な活動資金となっていきます。

短期間でいきなり増やすのはなかなか困難ですが、中長期的にお金を増やしていくことは決して難しいことではありません。
また、株を株主優待券目当てで購入するのも得策です。
例えば外食チェーンの優待券ならば昼食費用を切り詰めることができ、航空会社の優待券を持っていればかなり安い値段で飛行機に乗ることもできます。
それとはプラスして配当がもらえれば一石二鳥、売却益を考えればそれ以上の効果があります。
果報は寝て待ての気持ちで、毎月の積立、もしくは株主優待券目当ての投資がサラリーマンの場合はベストな選択と言えるでしょう。